街コンはお酒を飲めないとだめ?合コンも?

男女共にお酒を飲めない体質の人も居るでしょう。
そんな人が街コンや合コンで出会いを広げたいと思っていても、お酒を飲めない自分が参加をして、盛り上がる場を下げてしまわないか気掛かりかもしれませんが、実際は心配不要です。
お酒の有無に関しては街コンの場合は食事や飲みを含まないケースもあるため、自分に合わせた向き不向きのテーマで参加をしましょう。
合コンに関してなら、お酒が弱い程度であれば周囲との付き合いと場を盛り上げるためにも一杯程度は飲むことをお勧めします。
ただし、幹事や仲の良い友人など知り合いが参加している際には自分がお酒に弱いことを知らせておくことが重要です。

知らせておかなければ、好みの相手が居なくて早く帰りたいと思われてしまったり、人見知りをして楽しめていないとマイナスな方向に勘違いされてしまうことがあります。
せっかく街コンや合コンに参加をするのであれば、わくわくと楽しい気持ちで大人数との交流を大切にし、出会えた縁を広げられるように、ある程度の努力は必要でしょう。

街コンも合コンも向き不向きがあり、男女共に人数は揃えるのが一般的ですが、大型の集まりであれば大人数が集まってしまいます。
普段、参加したことがない場合驚いてしまうでしょう。
驚きをわくわくに変えて当日を楽しめる人なら良いですが、人見知りや人酔いしてしまう人は最初は少人数の出会いの場に参加をして、慣れることから始めましょう。
大分の街コンは一人からでも気軽に参加できるので、初めての街コン参加でも楽しめるはずです
合コンでも街コンでも場を盛り上げるためや、会話を弾ませるためにお酒を注いでくる人がいるため、飲めない場合は要注意です。
事前に飲めないことや、弱いことを伝えていても進められてしまう場合には簡単な方法で回避することが可能です。

回避の方法としてお勧めなのが、飲んでいる人を車で送り届けると伝える方法です。
運転ができる場合に効果的な断り文句であり、車で来ている人に無理にお酒を勧めて飲ませる人は居ないので安心しましょう。
女性の場合は、相手のコップに入ったお酒を一口だけ貰う方法です。
コップ一杯飲み干すのは大変ですが、苦手や弱くても一口程度なら飲めてその場を沈めることが可能です。

お酒に関しては盛り上がった二次会の方が本格的に飲む率が高まります。
ソフトドリンクで参加するのは一次会のみにして、意中の相手が居たとしても二次会の方は参加をせずに帰る方が良いでしょう。
付き合いも大事ですが、飲めないのに無理に付き合いを続けるよりは好印象を残して帰る方が得策です。